お子様の発達段階に合った最適なサポートを見つけ、無理なく自然にできることを増やしていく「ナチュラル発達プログラム」

このプログラムでお伝えしている内容が学べる”3ステップ動画講座”を期間限定で無料公開しています。

是非この機会にご視聴ください。

期間限定無料公開中
『ナチュラル発達プログラム』
3ステップ動画講座
※3分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダへ振り分けられているか、メールアドレスの誤入力の可能性があります。
※本メール講座及びメールマガジンの効果には個人差があります。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。


こんなお悩みありませんか?

  • 身体の緊張が強く、もっと緩めてあげる方法を知りたい
  • 体幹が弱く、身体の癖が強い、もっと身体を使いやすくしてあげたい
  • 自分でできることを少しでも増やしてあげたい
  • 座位を安定させたい
  • 身体の左右差をなくしたい
  • 寝返りやずり這いをしなくなってしまい、どうしたらいいか悩んでいる
  • 言葉など知能面の発達を促したい
  • こどもが嫌がらない方法能力を引き出したい
  • リハビリ以外に何かできることはないか探している
  • 自宅で自分でもしてあげられることを学びたい
  • ネットで調べた情報を自分のこどもに当てはめてしまい不安
  • 他の子の成長と比べて焦ってしまう
  • 自分のせいで…とついつい罪悪感を感じてしまう
  • 自分の身体も整えられたら嬉しいな
  • 育児が楽になる身体作りをしたい
  • 体幹が弱く、身体の癖が強い、もっと身体を使いやすくしてあげたい

ナチュラル発達プログラムを
実践いただいた方から
喜びの声を一部紹介します

運動面は驚きの変化!
表情や感情も豊かに!!

PVL、短腸症候群・男の子(1450g 2ヶ月早産 0歳6か月)
横向きから寝返りまでが長く、もしかして寝返りしないのかなと悩んでいました。

このプログラムでは見守る大切さを教えられました。子供を信じて見守っていると、今までできなかったことが急にできる様になって、”見守る大切さ”を実感しました。

病院のリハビリも効果はあるのですが、先生がじっとこどもを観察して、『こどもに合ったサポート』を教えてくれたことがすごくよかったです。

運動面は変化がありすぎて驚いています!!好奇心も高まって表情や感情も豊かになりました。

育児しながらでも参加できる環境で、毎回講座の時間を楽しみに過ごしていました。
VOICE

こどもの緊張が緩まり、
ママも前向きな気持ちに!!

生後数ヶ月後に患った心疾患、脳血管障がいによる発達の遅れ・女の子(2歳)
こどもの筋緊張が強く、「もっと緊張が緩むといいな」と思っていました。

プログラム終了後は、緊張も緩まりのびのび過ごせることが増えてきました。

緊張が緩まってきたおかげで、できることが増え、外遊びで滑り台を滑ったりできる様になり、表情も豊かになってきました。

講座をはじめたことをきっかけに「自分の身体ももう少し労わろう」と思うようになり、身体のことを意識しながら過ごしていたら、プログラム中に6キロ痩せることができました!!

娘の身体のケアをする上で、自分の身体を知ることも大切だと改めて気づきました。

ありのままのこどもを受け入れられて、周りと比較して焦ったりすることもなくなり、気持ちが楽になりました。

VOICE

「自分で何かしてあげたい」
というママにお勧め!!

出生時の低酸素脳症からの脳性麻痺・女の子(2歳)

プログラムを受けたことによって、どこに作用するか、どうゆう効果が期待できるなど自分の身体を通じて深く感じることができ、こどもへの触れ方が変わりました。

病院でやってるリハビリの良さもあると思うのですが、毎週通わなければいけないし、PTの先生任せになってしまうので

ちょっとでも「自分で何かしてあげたい」というママにはお勧めです。

家でも自分にできることがあることで安心感もあると思います。こどもの調子に合わせて優しく触れるレッスンを続けることで緊張する時間が減り、筋緊張を抑える薬を減らせるようにもなりました。

動きはもちろん言葉が増えて知能面も発達を感じています。

本当に受講して良かったです。

VOICE

動きが明らかに変化!
本当の理解力に気づけた!!

PVL、脳性麻痺・女の子(4歳)

最初は足をピーンとしてしまい動かせていなかったのが、足を別々に動かせるようになり、身体の動きも明らかに変わったことを感じました!自宅でしているリハビリも緊張が強いとやりにくかったのですが、無理なく身体を緩められる方法を学んだことでとてもやりやすくなりました。

病院での受診では緊張して力が入り、日常の姿を見てもらうことがなかなかできないのですが、こちらでは身体も緊張せず本当に素の姿でいることができるので「この姿を病院の先生が見たら驚くだろうな」と思うことが多かったです。

理解力のある1人のこどもとして接してくれたことが大変嬉しく、私自身がこどもの本当の理解力に気づくことができてとても有難かったです。

本当に受けて良かった!!

VOICE

身体が楽になって
心の余裕が出てきた!

ずり這いをしない・女の子(0歳9か月)

うつ伏せで動きまわる前にお座りをさせてしまい、自分で動かなくて困っていました。周りからの情報から「こうしなければいけない」という制限を勝手に自分の中で作って、夜も眠れないほど悩んでいました。

プログラムで教えてもらったことを実践していくことでこどもの動きが活発になり、不安が消えていきました。

私自身の身体も楽になって心の余裕が出てきました。

こどもの成長発達というのは未知数で、『可能性で溢れている!!』と改めて感じることのできたプログラム。

参加できて本当によかったです。

VOICE

運動面は驚きの変化!
表情や感情も豊かに!!

PVL、短腸症候群・男の子(1450g 2ヶ月早産 0歳6か月)
横向きから寝返りまでが長く、もしかして寝返りしないのかなと悩んでいました。

このプログラムでは見守る大切さを教えられました。子供を信じて見守っていると、今までできなかったことが急にできる様になって、”見守る大切さ”を実感しました。

病院のリハビリも効果はあるのですが、先生がじっとこどもを観察して、『こどもに合ったサポート』を教えてくれたことがすごくよかったです。

運動面は変化がありすぎて驚いています!!好奇心も高まって表情や感情も豊かになりました。

育児しながらでも参加できる環境で、毎回講座の時間を楽しみに過ごしていました。
VOICE

はじめまして。

“無理なく自然にこどものできることを増やす”

個性をはぐくむ運動発達サポートStarsの中野朱里と雄公(あかり と ゆうき)です。

私たちは、フェルデンクライス・メソッドという心地よい身体へのアプローチを元に、

発達に障がいを持つお子さんや、運動能力を高め可能性を広げたいこども達、日々を健康的に生きたい大人の方々へ動きのレッスンを行っています。

私たちがこども達へのサポートを開始したきっかけは、ある別のサポート方法を見学した際に、

自分たちとの”やり方の違い”に驚いたからです。

その方法では、こどもが明らかに嫌がって泣き叫んでいるのに、数人でこどもを押さえつけ、

身体を強く触り、強制的に動かしている!

それをご両親もみんなでただただ見守っている…。

「これが一般的な方法なの?!」

と強い疑問を感じました。



私たちがサポートをする上で最も大切にしていることは、

まず大前提に心地よい状態を大切にする”ということだからです。

人間の脳は心地よい状態の時に最も学びが深くなります。

誰でも無理矢理やらされたり、痛みのあることを「またやってみたい」とは思えませんよね。

しかも、その別のサポート方法は大きな病院で取り入れられている方法で

他の選択肢が少ないという現状も知りました。

「この心地よさが身体の改善を引き起こすアプローチを発達に障がいを抱えるこども達へ届けたい!!」

その想いからこども達へのサポートが始まりました。

サポートを続けていくうちに、

「自分たちがこどもに関われる時間がもっと多ければ…」と考える様になっていきました。

通常は大体45分くらいの間、
身体に優しく触れながら動きを引き出すマンツーマンレッスンをするのですが、

本気で変化を定着させていくには、

”連続的にレッスンをする必要性”を感じました。

そして、

さらにお子さんのできることを増やしていくためには、

日常生活の中でママ(またはパパ)もお子さんの身体へアプローチできたらいいのではないか?

と考えました。

一緒に過ごす時間が長いのはやっぱり家族ですし、自宅でやってもらうことで良い変化が確実に定着していく!

実際、お子さんに何かできることを探して実践している親御様が多いことも知りました。

それに加えて、

お子さんと常に一緒にいる「ママ自身の身体と心を整えること」

 これが実はとっても大事なんだ!

ということに自分たちの子育てを通じて実感しました。

こどもは敏感に親の状態を感じとり、お互いに影響し合うからです。



・無理のない心地よいアプローチ

・ママ自身の身体と心を整える

・日常生活でも自宅で継続ケア


この3つが揃ったことで

こどものできることを”無理なく自然に”増やしていくことができるはず。

そこで、実際にある親子に試していただくと、

こんな変化が次々と起きました

  • 緊張が強く、夜もぐっすり寝られなかったのが、筋緊張を抑える薬の量をぐっと減らせ、夜もぐっすり眠れる様に。
  • 向き癖が減り、頭を自分で転がせる様に。
  • なかなか手を口に運べなかったが、自分で手を口に運べる様に。
  • ピーンと伸びていた足を、自分でバタバタと動かしたり曲げられる様に。
  • うつ伏せが嫌いで泣いてしまっていたのが、うつ伏せでも泣かずにいられ、更に手を前に出したり、足を曲げられる様に。
  • 発語も増え、認知能力がUP!!
  • 「何かしてあげなきゃ!」と毎日やらなくてはいけないことに追われ、できないと罪悪感が湧いてしまっていたが、「頑張らないで続けられる方法」が学べ、お母さん自身の心も楽に!!
  • 発語も増え、認知能力がUP!!
さらにその後も、

お子さん自身も嫌がることなく、

ママ自身も毎日負担なくレッスンを継続することができ、

日に日にできることが増える笑顔の日々を送ってくれています。

今回、

「こどもの発達に悩む方々にこのような状況をつくってほしい」

 そう考え、

ナチュラル発達プログラムのエッセンスを凝縮し、

”身体の中心感覚を高める方法”が学べる3ステップ動画講座としてお届けしています。

是非この機会にご視聴になってお子様の発達にお役立てください。

期間限定無料公開中
『ナチュラル発達プログラム』
3ステップ動画講座
※3分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダへ振り分けられているか、メールアドレスの誤入力の可能性があります。
※本メール講座及びメールマガジンの効果には個人差があります。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。


ナチュラル発達プログラム
3ステップ動画講座の内容

動画1

<知識編>
ーこどもに必要なことをママが頭で理解するー

・私たちの自己紹介、想い
・世界一無理のないアプローチ”フェルデンクライス・メソッド”とは?
・”できること”を増やす鍵は 「オーガニックラーニング」
・こどもの成長を伸ばす「見守る」大切さ
・科学的に注目されている「赤ちゃん」から学ぶ

☆実践WORK①

・日常に取り入れるポイント
・機械的に反復していないか?
・見守る時間を作ろう
・こどもを創造的な存在として観察してみる

動画2

 <感覚編>
ーママ自身が身体を通して、発達を促す方法を学ぶー

・身体の中心感覚を高める動きの体験
・こどもの目線に立ち、”質の高いサポート法”を知る
・自分の身体への新しい気づきを得る

☆実践WORK②

・こどもの発達を伸ばす為にも、まずは自分の身体のことを知ろう





動画3

<実践編>
ーこどもの自発的な動きを引き出そう!!ー
・こどもの成長に欠かせないタッチとは?

・骨格模型を通したタッチのレクチャー
・脳性麻痺のお子さんとの”レッスン風景”から学ぼう!!

☆実践WORK③
・骨盤を動かす
・骨盤を持ち上げる、落とす
・神経系を誘発身体を緩めるーうつ伏せで背骨を触るetc...
さらに!!

ナチュラル発達プログラムを実践され、

こどもと一緒に身体も心も成長したママの
インタビュー動画を特別公開します。

寝返りをしなくなり、座ったまま自分から動こうとしない、ずり這いがまだということで不安になり現場のレッスンに通い始め、数回のレッスンで見事ずり這いを開始!!

「こどもの可能性をさらに伸ばしたい」とオンラインコースを受講。

「見守る」大切さに改めて気づき、習慣づけることができました!!
「自宅で自分でもできたらいいな」「まだできることがあるのでは…」と、現場プレミアムコースを受講。

今まで家でやっていたリハビリの触れ方も変わり、無理なく緊張を緩められる様に。

こどもの動きが明らかに変化しました!!

1番大きな変化は、
『こどもの本当の理解力』に自分が気づけたことです!!
期間限定無料公開中
『ナチュラル発達プログラム』
3ステップ動画講座
※3分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダへ振り分けられているか、メールアドレスの誤入力の可能性があります。
※本メール講座及びメールマガジンの効果には個人差があります。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。


よくあるご質問

Q&A
  • Q
    どんなこどもが対象ですか?
    A
    脳性麻痺・P V L、協調性運動障害、低緊張、染色体異常、肢体不自由児、脳梁欠損症、ダウン症、自閉症etc…その他、診断名は付いてないけど発達に遅れがあるお子様を対象にレッスンをしていますが、
    はっきり病名が付いていなくても、運動発達に何か不安や悩みのあるお子様や、より日常の中での不器用さを改善し、将来のために幅広い可能性を身につけたいお子様でしたら、
    全てのこども達にとってより良い方法をお伝えしています。
  • Q
    対象年齢はありますか?
    A
    0歳(2ヶ月)〜中学生を対象にしていますが、中学生以上、社会人のお子さまでも効果をもたらしています。
  • Q

    なぜ今回無料で公開されたのですか?

    A

    今まで出会った親御さんの多くが、家で何かやりたくても何をやっていいか分からないという悩みを抱えていました。
    ママに体感していただくことでよりお子様の気持ちにより添え、無理なく自然にこどものできることが増え、身体も心も楽になる。
    この素晴らしい方法をたくさんの方に知っていただきたく、今回無料で公開することにしました。

  • Q
    スマホからでも動画視聴は可能ですか?
    A
    はい!大丈夫です。
    登録後、1本ずつ数日に分けて配信していきますので楽しみにしていてください。
  • Q
    対象年齢はありますか?
    A
    0歳(2ヶ月)〜中学生を対象にしていますが、中学生以上、社会人のお子さまでも効果をもたらしています。

講師プロフィール

中野朱里 AKARI NAKANO

フェルデンクライス・メソッド国際公認プラクティショナー

1983年 愛知県生まれ。

南山大学総合政策学部卒業後、一般企業勤務兼ダンス講師として10年間活動。

フェルデンクライスメソッド国際公認資格を持つ父の影響で、自身も2013年に同資格を取得。

ダンスでケガをしやすかった身体の改善のみならず、頑張りすぎて生きづらかった心の変化まで実感。よりしなやかに楽に生きられる様に。

2017年より、発達に困難を抱えるこども達へのレッスンに力を入れている。 

2020年より、主人の中野雄公(ゆうき)と共に「個性をはぐくむ運動発達サポート Stars」を設立、代表となる。

より “自由で創造的に楽しく生きる” をモットーに暮らしている。

現在は2児の母。

こどもの大切さ、そして子育ての大変さを実感し、動きたいのに自分では動くことが難しいこども達、
そして困っているお母さん達のお役に立ちたい想いを胸に活動している。

中野雄公 YUKI NAKANO

フェルデンクライス・メソッド国際公認プラクティショナー

1984年 愛知県生まれ。

小・中・高校はサッカーに没頭。

大学卒業後、営業職を8年経験。

「もっと自由で創造的な仕事で人の役に立ちたい!!」との想いを胸に

20代後半から”自分が本当にやりたいこと”を模索しはじめ、

妻の影響でフェルデンクライス・メソッドの指導者コースへビジター参加。

その時、海外の先生からの施術を受け、
”自分の歩き方を忘れる”ほどの
身体の変化と脳の混乱に衝撃を受け、


「すごい!!このメソッドを極めたい!!」と指導者への道を決意。

資格取得にかかる4年間で、
身体はもちろん価値観や考え方も大きく変化し、その間に転職。


2社目では、新たなチャレンジをたくさんし、会社役員まで経験。

2017年に資格取得後、すぐに障がいを抱えるこどもたちへのレッスンを開始する。

2020年に
夢の一つである”自分の会社”を設立。

『人生を楽しむ』がモットー。

「こどもの可能性を最大限に引き出してあげたい」
「頑張るママの力になりたい」
という想いで活動中!!

中野雄公 YUKI NAKANO

フェルデンクライス・メソッド国際公認プラクティショナー

1984年 愛知県生まれ。

小・中・高校はサッカーに没頭。

大学卒業後、営業職を8年経験。

「もっと自由で創造的な仕事で人の役に立ちたい!!」との想いを胸に

20代後半から”自分が本当にやりたいこと”を模索しはじめ、

妻の影響でフェルデンクライス・メソッドの指導者コースへビジター参加。

その時、海外の先生からの施術を受け、
”自分の歩き方を忘れる”ほどの
身体の変化と脳の混乱に衝撃を受け、


「すごい!!このメソッドを極めたい!!」と指導者への道を決意。

資格取得にかかる4年間で、
身体はもちろん価値観や考え方も大きく変化し、その間に転職。


2社目では、新たなチャレンジをたくさんし、会社役員まで経験。

2017年に資格取得後、すぐに障がいを抱えるこどもたちへのレッスンを開始する。

2020年に
夢の一つである”自分の会社”を設立。

『人生を楽しむ』がモットー。

「こどもの可能性を最大限に引き出してあげたい」
「頑張るママの力になりたい」
という想いで活動中!!

追伸

こどもの発達に何かできることを探している方は是非ご覧ください

病院でも発達に障がいのあるお子さんに対するアプローチは選択肢が少ない現状があります。

昔ながらの訓練的なリハビリなどがまだまだ主流なのです。

しかし、こどもの立場に立ってみれば、
心地よいアプローチでできることが増えていく方が、”身体にも心にも圧倒的に良い”のではないでしょうか。

この動画講座では無理なく自然にこどものできることが増えていく理由や、自宅でできる簡単なタッチの方法をお伝えしています。

もしお子さんの発達について悩んでいたり、不安を感じている場合は、一度この動画講座をご覧ください。

そして、実際に自宅で実践してみてください。

今までは意識していなかった視点から”お子さんの成長を促すヒント”が必ず見つかるはずです!!

個性をはぐくむ運動発達サポート Stars
AKARI☆YU-KI